お部屋の雰囲気が華やかに♡クッションで差をつけよ♪

お部屋の広さに制限があり、家具であまり色を取り入れられない場合は、クッションをポンと置くことによりお部屋の雰囲気が様変わりします。

手軽にお部屋の雰囲気を華やかにしてくれるクッション、今回はオススメクッションカバーのご紹介です ♪

 

♡ 花柄で女性らしさを

894320_a

(イメージ元:http://www.dd-onlineshop.com/SHOP/4957542894320.html)

ppinkflower08

(イメージ元:http://item.rakuten.co.jp/house-of-japan/evvcloveflowerpinkf-036/)

女性らしくも女の子らしくもしてくれる、花柄のクッション。小柄か大柄かでも大きく雰囲気が変わります。
小柄は女の子らしい雰囲気に、大柄はより大人可愛い雰囲気になります。
♡ ハワイアンキルトで開放的で華やかに

img_1-2

(イメージ元:http://blogs.yahoo.co.jp/rxcrg730/54620127.html)

ハワイアンキルトとは、イギリス人宣教師によってハワイに伝えられ、パッチワークキルトが独自に発展したもの。大きな布を8つに折り畳んでカットする為、左右対称のモチーフが出来ます。

様々な左右対称なモチーフを色違いで揃えるとステキですよ♪
♡ 国旗柄で外国インテリアコーデに

o0800060011347086848

(イメージ元:http://ameblo.jp/lovefree-keiko/entry-10953183805.html)

国旗って、かっこいい国のものも多いですよね。
ユニオンジャックや星条旗のクッションを取り入れると海外のお部屋っぽいイメージになります。
♡ 動物モチーフでワンランク上のオシャレさを

31520dce72ef3ec762c083265f86c7f0cf403697

(イメージ元:http://www.bals-blog.com/francfranc-nagoyaannex?page=4)

犬やうさぎ、猫の形をしたクッションもありますよ。
絵や形が存在感ある場合は、あえて色をいれないで利用するのもオススメです♪
白黒でも十分お部屋に栄えます。
♡ 英字でインテリなお部屋に

76a333a84cad1da13a65afdf12d7c920b601497b

(イメージ元:http://www.bals-blog.com/francfranc-shibuya/2150)

英字のクッションを置くと少しインテリな雰囲気が。
こんなクッションが置いてあると、コーヒーを片手に読書をしてみたくなります・・♡
♡ ニットで温かみのあるお部屋に

HTB18P7_FFXXXXadaXXXq6xXFXXXj

(イメージ元:http://japanese.alibaba.com/product-gs/hand-knitted-cushion-cover-knitted-pillow-case-756399500.html)

季節によってクッションカバーを変えるのもいいですね♪
ニットクッションは柔らかな女性らしいお部屋の雰囲気が出せます。手作りで挑戦してみても楽しそうです。

使い古したセーターで作ってしまうこともできますよ♪

◆ 【簡単リメイク】<セーター>で作るオシャレ雑貨 アイディア集
http://matome.naver.jp/odai/2135782651656081301
♡ カタチ・デザインが違うものをあえて並べる

caitlin wilson textiles by courtney apple

(イメージ元:http://www.designmanifest.com/tag/pillows/)

こちらはちょっと上級編。
可愛いクッションカバーがいっぱいあるので、いろいろと揃えたくなっちゃいますよね。

でも、バラバラと異なったカタチやデザインのものを並べるのではなく、同系色で揃えたり、複数のクッションの中で一つだけ異なったカタチを取り入れてみたり、統一感を意識しながら揃えるのがオススメです。
♡ゴールドやシルバーでゴージャスな雰囲気を出す

10273_1

(イメージ元:http://aflat.asia/a-select/fabric/cushion/10273/index.html)

高級リゾートホテルによく置いてありますよね。
大人っぽい雰囲気にしたい方にオススメですよ♪

 

 

cobako-bana

*なないろコバコおすすめ!オシャレなお部屋情報はこちら

三軒茶屋:あぁ・・・。この魅力に吸い込まれる。
005-2

002-4 007-2
2014-08-11 | Posted in 一人暮らしのなるほどコラムComments Closed 

関連記事