ラグで部屋の雰囲気を変えちゃおう♪

ラグはお部屋にいるとき、毎日触れるモノ。
肌触りの良いラグの上でゴロゴロくつろぐのか、デザイン重視のラグを選んでマットとして使うのか、生活スタイルに合ったラグを選ぶ際に、こちらの記事を参考にしてみてください ♪

まず、ラグを選ぶ際のポイント。形や素材を決めておけば、デザインを選ぶ際に絞り込めるのでラクチンです。

【形を選ぶ】

長方形や円形のほかに、そのラグの柄の形をかたどったものもあります。ラグの形によってそのお部屋の空間を仕切ることも出来るので、お部屋の間取りと照らし合わせながら形を決めてみましょう。

【素材を選ぶ】

素材は主に以下の5つが挙げられます。

・ウール・・手触りや弾力性が◎
・ナイロン・・摩擦しにくいので長期間使ってもぺたんこにならない。ウールより光沢感あり。
・ポリプロピレン・・軽くて丈夫で、汚れにも強い。
・ポリエステル・・水に強く、シワになりにくい。
・アクリル・・肌触りが良く、ウールに似た性質を持つ。デザイン性の高いラグによく使われる。

また、素材だけでなく、防ダニ加工や防臭効果、防水効果など様々な加工が施されているものもあります。洗濯の出来るウォッシャブル加工のラグを選べば、汚れても洗えるので安心です。

夏でしたら、キルトラグや吸熱冷却加工という特殊加工されたラグを選んでも良いですね♪

*参考サイト:https://www.actus-interior.com/actus-service/knowledge/rug.html

下記には、それぞれのラグにあった選ぶポイントを上げてみました。

 

◎ 大きめの柄なら色で落ち着かせる

su-cp-402-im

(イメージ元:http://item.rakuten.co.jp/shop-kyoto/rug-su-cp-402-150r/)

大きめの柄のラグを選ぶなら、色数を少なめにしたり、淡い色を選ぶことで落ち着いた雰囲気にしましょう。

 

◎ カラフルなラグならソファやカーテンと一色揃えて

tor-3227_im

(イメージ元:http://item.rakuten.co.jp/shop-kyoto/rug-tor-3227-140×200/)

お部屋にバラバラの色が混ざってしまうと、統一感ない落ち着かない部屋になってしまいます。カラフルなラグを選ぶ際は、他の家具と一色揃えて、統一感を。

 

◎ 無地でくつろげる雰囲気重視

tnf6704-dai

(イメージ元:http://kurashinocenter.com)

他の家具でデザインやインテリアを楽しみたい方やシンプルでくつろげるお部屋にしたい方には無地のラグがオススメです。

 

◎ディズニー好きさんには隠れミッキー

img59578927

(イメージ元:http://item.rakuten.co.jp/hyoshiki/mickeyfoggy170220/)

大人のディズニーシリーズです。遊び心があっておしゃれですね♪

 

◎ ファータイプで温かいお部屋に

1K2I0442

(イメージ元:http://roomsecdining.seesaa.net/article/95839587.html)

触り心地も良いのでお部屋でゆっくりくつろぎたい方にはオススメです♪

 

◎オシャレなラグといえばストライプ♪

blog_import_51f116cb44c26

(イメージ元:http://nestinterior.jp/rug/2526/)

コーディネートを心配される方も、ソファやテーブル等周りの物をシンプルなデザインにすれば大丈夫ですよ♪

 

◎アンティーク調ならネイティブ柄のラグ

20132C042C29E383A9E382B039mahaloE280A6-2

(イメージ元:http://39.benesse.ne.jp/blog/sasakimiho/archive/341)

アンティーク調のお部屋にもっと可愛さをプラスしたい方に是非♡

 

◎シンプルな丸や四角のラグを重ねて楽しむ

9b9381d6ec2930acf89204852aaa62684697aa0c

(イメージ元:https://kinarino.jp)

これならいつでも配置を変えることもできます♪

 

 

cobako-bana

*なないろコバコおすすめ!オシャレなお部屋情報はこちら

横浜:カフェの窓際の席をお家でも。
025

047-2 033-2
2014-09-26 | Posted in 一人暮らしのなるほどコラムComments Closed 

関連記事